10万円でオーストラリア ワーキングホリデー

2017年ワーキングホリデーでオーストラリアに行きます。英語力0、学歴なし、貯金ほぼなし。ワーホリの準備、計画、仕事情報、観光情報、物価など。

エアアジアX搭乗記!webチェックインは必須。羽田→クアラルンプール→ゴールドコースト

こんにちわ。

航空券、色々迷っていたんですが、やっと購入しました。

 

 

最安の物を購入しました。

エアアジアXの羽田発、クアラルンプール国際空港乗り換えゴールドコースト行き。

深夜便なので、寝てれば着くので楽ですね。

荷物20kg、座席指定、食事込みで38000円くらいだったと思います。

安いですよね。

荷物などのオプションつけなければ、35000円でしたが、ミニマリスト高城剛じゃない限り手荷物のバックパック一つでワーホリは厳しいと思います。ww

 

 

ジェットスターで直行の方が、楽かな?とも思ったんですが、値段が高かったし、狭い機内に9時間乗りっぱなしの方が、キツイと思い、エアアジアを選びました。

あと、成田空港発っていうのも嫌でした。

 

エアアジアジェットスターなどの格安航空が、やはり安定して安いですが、時期や、受託手荷物、機内食などのオプションをつけると、カンタスなどと変わらなくなる場合もあるので、注意してください。

 

また、チケットを取る日も重要なんだなと改めて気がつくことができました。

 

というのも、私は、最安の航空券を取る為に、出発日を特に決めずに、安い航空券があれば、取る!というスタンスでした。

めちゃ適当です。www

 

なので、一ヶ月くらい、マメにスカイスキャナーで、値段をチェックしていて気がついたことがあります。

 

 

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

 

ある日、安い航空券を見つけて、次の日にチケットを購入することにしました。

 

で、次の日にチケットを購入しようとしたら、値段が倍以上に上がってたんです。

 

まあ、航空券は日々値段が変わるというのは、知っていましたが、初めての経験だったのでかなり驚きました。

結局、数日様子を見ましたが、値段は下がらなかったので、別日の最安のチケットを購入しました。

 

安く買うコツは、安い航空券を見つけたら「すぐに買う」ことですね。www

 

 

前置きが長くなりましたが、乗ってみた感想を書いていきます。

 

エアアジアは手荷物が厳しいとか!座席が狭いとか!乗り心地がが悪いとか色々言われてますよね!

 

格安航空に偏見はないんですが、以前乗ったエアアジアにいい思い出がなかったので、正直心配でした。

まあ、隣に乗った人がクソだったのと、狭い機内で8時間のフライトがちょっとキツかったというだけですが。

 

ただ、所持金10万円の私はカンタス航空なんて乗れるハズもないんで。笑

 

 

 

23時発の深夜便だったので、関東住みの人はホテル取る必要もないし、楽ですね。

早朝便とかだと、空港泊かホテル取らなきゃダメだから、その点深夜便は、本当にありがたい。

 

どうしてもホテルを取る必要がある人は、ここのホテルがオススメです。

綺麗でオシャレでリーズナブル!!

川崎駅からすぐなので、羽田空港までバスで行けます。

 

webチェックインは必須

友人に空港まで送ってもらい、 チェックインカウンターへ。

結構混んでます。

 

ただwebチェックイン済みのカウンターはめちゃめちゃ空いてます。

チェックインしておいて良かった。

 

預け荷物がある人はイマイチWEBチェックインの必要性を感じてないかもしれません。

でも絶対した方がいいですね。

別にめんどくさい作業じゃないですし。

 

WEBチェックインをしていなければ倍以上の時間がかかっていたと思います。

 

 

手荷物チェックは厳しいが、裏技あり!

 

私は、心配性でどうしても荷物が多くなります。

当初は15キロくらいで、余裕だと思って荷物を増やしていたらあっという間に20キロオーバー。

以前このラケッジチェッカーを購入したので、どこでも測れます。

 

これめちゃめちゃ便利です。

私はオレンジ色のを購入しました。

 

安いのもあるんですが、すぐ壊れたりするものもあるそうなので、あまりにも安すぎる物は避けた方がいいと思います。

マッキーノの商品はレビューもいいし、コスパも高いと思います。

 

で、20キロオーバーしてたんですが、なんとかなるだろうと思っていました。ww

なんとかならないですね。www

空港着いて、やっとヤバイことに気がつきました。ww

 

 

空港の体重計で再度荷物を測ると、やはり22キロ。

お前ヤバイぞと。笑

 

キャリーケース22キロ

バックパック5キロ

パソコン、などのトートバックが3キロくらい。

なんで、とりあえず、キャリーケースの2キロ分だけ手荷物に入れ替えました。

ただ、手荷物がパンパン。

これは、明らかにひっかかるパターン。

 

てことでここで裏技を使います。

裏技ですが、どうなるかは運次第?でもあるので、やる際は自己責任でお願いします。笑

 

方法は簡単。

チェックインカウンターで手続きしている際に、友人に荷物を持ってもらっておく。

これだけです。笑

 

友人もよくこの裏技を使うみたい。

 

 

で、なんとかこの裏技でチェックイン完了。

 

友人に感謝です。

 

でも、この後、面倒くさいことになりました。www

 

この裏技を使う場合は自己責任でお願いします。www

 

長くなったので、搭乗した感想は次回書きます。