10万円でオーストラリア ワーキングホリデー

2017年ワーキングホリデーでオーストラリアに行きます。英語力0、学歴なし、貯金ほぼなし。ワーホリの準備、計画、仕事情報、観光情報、物価など。

オーストラリア ワーキングホリデーのVISAは自分で簡単に取れます!!語学学校に行かない人は自分で取ろう!!

オーストラリア留学を経験豊かな日本人スタッフが
無料でサポート。入学手続も無料で代行致します。
資料請求及びお問い合わせはこちらから!

 

 

こんにちわ。

 

だいぶ更新が空いてしまいまいましたが、無事にオーストラリでワーキングホリデーをしています。

色々バタバタしていて記事を更新出来ていなかったので、これから沢山更新していきます。

 

今回はVISAの取り方を簡単に説明します。

 

ワーホリビザの取得ってめちゃめちゃ難しいと思っていませんか?

 

英語が出来ないと無理でしょ?

時間かかるんでしょ?

不備があるとなかなか申請されないんでしょ?

めんどくさいんでしょ?

 

私も取る前まではこんな風に思っていました。

 

私の友人もめんどくさい、自分には出来ないと思い込んでしまい、エージェントに高いお金を払っていました。

 

多分、皆さんもそう思ってますよね?

 

 

実際はめちゃめちゃ簡単に取れます。

ちなみに私は英語も全く出来ませんし、頭もよくありません。WW

 

でも、簡単に出来ましたし、翌日にはビザがおりてビックリしました。

 

では、簡単にやり方を説明していきます。

 

用意するもの

 

ネット環境。

 

VISA申請料金 A$440

 

クレジットカード ※VISA申請料金を支払うため

 

これだけです。

 

で、やり方なんですが、私は「オーストラリア ワーホリ VISA やり方」みたいな感じで検索して全部カンニングしながらやりました。WWW

 

ここでも一からやり方を説明しようと思ったんですが、かなり詳しく、わかりやすく説明しているサイトが沢山あったので、皆さんもそちらを参考にしてやってみてください。www

 

ちなみに私は「留学準備マニュアル」っていうサイトを参考にしてやりました。

 

blog.aus-ryugaku.com

 

かなりわかりやすかったです。

合う、合わないはあると思うので、自分に合った記事を見つけてやってみてください。

 

ただ、注意して欲しいことが一つあります。

あまりに古い記事はやめた方がいいです。

 

オーストラリアのワーキングホリデーの規定は変わることがありので、申請方法などが微妙に違ったりしている場合があります。

 

なので今なら2017年版を参考にしてくださいね。

 

ただ、こんだけワーホリVISAは自分で取れると言ってきましたが、語学学校に行く人はエージェントに代行してもらった方がいいかもしれません。

 

というのも、語学学校に行けば、無料でVISA申請をやってくれるエージェントが多いらしいんです。

 

なので、VISAを自分で取るのはやっぱりめんどくさい。不安。学校も行こうか迷っている。

という人は、一ヶ月がけ学校に行ってエージェントにVISA申請を代行してもらうのも有りだと思います。

 

実際にそういう友達も結構いました。

 

まとめ

 

お金がない人、VISA申請が難しいと思っている人→自分でVISA申請

 

語学学校に行こうか迷っている人、やっぱり自分で取るのはめんどくさい人→エージェントに頼む

 

こんな感じですかね。

 

私は語学学校に行こうか迷っていたので、1ヶ月でも行けばよかったかなーとも思っています。

 

まあ、貧乏な人は自分で取得!の1択です。www

 

以上です。